トップページ >  > 引き出物での根強い人気はカタログギフト!

引き出物での根強い人気はカタログギフト!

結婚式や披露宴の準備と段取りを進めていく中で、意外と頭を悩ませることが多いのが引き出物選びです。引き出物は結婚する新郎新婦にとっては個性を出していきたい所ですし、参列されるゲストにとってはどんな物がもらえるのか楽しみのうちの一つです。せっかく参列してくださるゲスト全員に喜んでもらえる引き出物をと考えると、なかなか決まらないものですね。そんな中で長年にわたって人気を集めている引き出物がカタログギフトです。最近ではその値段設定や種類も大変多く、ゲストの年齢層や好み、ニーズなどに合ったカタログギフトを選択することができるようになりました!

カタログギフトのメリットは何といっても持ち帰る際に重くなく、かさばらないという点です。披露宴での引き出物を持ったままその後の二次会や三次会に参加するゲストも多いため、荷物が軽いという点は大変喜んでもらえるでしょう。また同じように遠方から来てくださったゲストに大変も喜ばれます。また、カタログギフトだとゲストそれぞれに好みの商品を選んでもらえるため、その人の好みやニーズに自然と合わせることができるのがメリットです。夫婦や家族みんなでカタログを広げて商品を選ぶこともできるため、ゲストだけでなくその家族にも喜んでもらえるでしょう。また、最近では披露宴に参列したゲストによって引き出物を変えるというパターンも多く、品物とカタログギフトをそれぞれ準備する新郎新婦も増えているんですよ!

引き出物でカタログギフトが選ばれる理由

時代とともに変わる引き出物

結婚式に来てくださった方々へ持ち帰っていただく引き出物は、今と昔では様変わりしています。昔はお引き菓子に、バームクーへンや紅白まんじゅう・餅などを分けたり、お赤飯やかつお節、鯛の形のコーヒーシュガーなども持たせていました。また、引き出物の品物は、いくつかのものを持たせたりするので、大きな紙袋になってしまったりして、帰るときに重たくて大変でした。 現在では、とてもスマートなスタイルになっています。なぜなら、カタログギフトが主流になっているからです!
カタログギフトが導入されたのは、20年ほど前のことです。その頃は、何か小さすぎて見栄えがしないなどの理由で、抵抗があるという人もいました。その頃は、カタログでもあまり選ぶことができる種類も少なかったのです。引き菓子などに1,500~2,000円程度、引き出物に3,500~5,000円程度の予算で組んだりしていますので、たいていカタログギフトは3,500円計算になります。また、親族など祝儀が多いと予想される方へは1万円、2万円、3万円といった金額のものを出すようにします!

今では、迷ってしまうほどの種類の品物が掲載されており、いただいた人も自分に必要な物を選ぶことができるので、嬉しいギフトカタログになっていて、人気があります。結婚式は自分たちの新たな生活へのスタートになります。日頃お世話になっている方や今後、親戚付き合いが始まる方々へ気持ちをこめた披露宴にしたいものです。結婚式は一生に一度ですからね(*´∀`*)

引き出物で評判のカタログギフトランキング!

順位 店名 価格 説明 公式
ソムリエ@ギフト
300円代~100,000円代
幅広い価格帯と選べる種類が豊富!
信頼と実績のカタログギフトで大満足!
楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2013でジャンル賞・ギフト賞をダブル受賞したカタログギフトの定番!
詳細はこちら
ギフト.jp
2,000円代~50,000円代 思い出に残るカタログギフト
ただ贈るだけじゃ素っ気ない。そんな人にはオリジナルBOXやブックカバーが作れるギフト.jpがおすすめ!
詳細はこちら
アンティナギフトスタジオ
400円代~100,000円代 ギフト専門店の安心感
目的や贈る相手によって選びやすいカタログギフト。コンセプトごとに分けた7ブランドが用意されています。
詳細はこちら
CONCENT コンセント
700円代~100,000円代 ハイセンスなギフトならココ
上質で洗練された贈り物がしたい方はこちらのカタログギフトがおすすめ。
詳細はこちら
MYROOM
2,000円代~100,000円代 大量注文でもまたせない
定番からちょっと変わった種類まで、選べるカタログが充実の57種類。
詳細はこちら

引き出物で人気No.1なのがカタログギフトだってご存知でしたか?!もらっても使えない・食べられない物だと逆に迷惑だと感じる方が多いようですので、これから引き出物を選ぶ方は注意が必要です...!もらって嬉しい引き出物を調査してみると、やっぱりカタログギフトが一番という声が多かったです。どうしてカタログギフトだと喜ばれるのか解説します!